【Iターン希望者必見】 地方飲食店の後継者として働く可能性

I-turn successor

都心部での生活や仕事に不満を抱えている方は、思い切って地方で働いてみるという選択肢はいかがでしょうか。最近では都市部出身者が地方に移住して暮らすということも珍しいことではありません。本記事では、地方移住を検討している方にヒントとなるような働き方を紹介します。

Iターン・Jターン・Uターンとは

地方移住を検討している方であれば、Iターン、Jターン、Uターンという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。これらの言葉の意味をみなさまはご存知でしょうか。地方移住の方のために、3つの言葉の意味がどのように違うのかそれぞれご紹介していきます。

Iターン

Iターンは、都市部で暮らしていた人が、地方に移住して生活をすることを指します。田舎暮らしに憧れた人や、都市部で学んだノウハウで新しい何かを始めたいという方が、地方に出て新たな事業を始めるというケースも珍しいことではありません。

Jターン

地方出身者の人が、一度都市部に出て仕事をしたのち、故郷と近い条件の地域に戻り生活をするという方法です。都市部でのスキルを地方に戻って仕事に活用することができます。都市部で働いていた地方出身者が、自分の故郷では交通が不便で働きにくいので、交通が整っている自治体に移住をするという方法がJターンに該当します。

Uターン

Uターンは、地方から都市部で働いた人が、そのまま住んでいた故郷に戻り生活をするという方法です。ある程度発達している地方都市部ではUターン方式で働くことが可能ですが、過疎化や離島などの場合、働き方を検討しないとUターンができないということも考えられるので、UターンではIターンを選ぶというケースも珍しいことではありません。

それぞれ地方に移住をする方法は違いますが、地方で暮らし、働くという意味では変わりはありません。Iターン、Jターン、Uターンは地方に移住する手段の違いなので、利用する方はどの方法で移住を検討するか考えておくと良いでしょう。

どのような人が対象になるのか

Iターン、Uターン、Jターンは地方に移住する手段なので、地方に移住をしたいという気持ちがあれば、地方出身者、首都圏出身者でも利用することが可能です。

ふさわしい人物

だれもができる地方移住の制度ですが、地方移住をするためにふさわしい人物像があります。もし次のような項目が当てはまるのであれば、ぜひ地方移住を検討するようにしましょう。

地方で働きたいという気持ちがある

大前提として、地方で働きたいという強いがなければ移住することができません。地方移住は首都圏でおこなう転職とは違い、生活基盤を地方に移転するので、それなりの覚悟が必要になります。

地方で働きたいという気持ちだけで移住をすると、かえって移住しない方が良かったと思ってしまうこともあります。「移住をして生活の基盤をしっかり固めたい」という確固たる決意がないのであれば、地方移住をしても失敗する可能性があると認識しておきましょう。

その地方を愛せるかどうか

Uターンは自分の生まれ故郷にもう一度戻るので郷土愛の面では心配することはありませんが、JターンやIターンでは全く知らない土地で生活をはじめることになるので、郷土愛がなければ、挫折して再び都市部に戻ってしまうことがあります。

移住をするのであれば、自分の興味のある地方でないと移住して働くことができないと認識しておきましょう。もし、地方移住を検討し、どこで働こうかと悩んでいる方は、一度自分が観光などで訪れた場所で、ワクワクする場所を思い浮かべてください。

その地域があなたにとって移住するための理想的な場所になるので、そのような地域を選ぶようにしましょう。

独自の戦略などが明確にあるか

「地方に移住し、その地元の企業で働く」ということであれば、この項目はあまり重要ではありません。しかし、何らかのお店、サービスを移住先の地方で開業したいと検討している方は、独自戦略を移住前から明確にしておく必要があります。

明確な目的があれば、実現するためにどのようなことが必要であるのかを逆算し考えることが可能ですが、備わっていないと地方移住後に考えなければいけなくなるためやいたいことが実現できず、失敗に終わってしまうこともあります。

何かのサービスを提供しようと検討しているのであれば、明確な独自戦略を持って計画を練るようにしてください。

地方に移住するメリット

地方に移住をすると、どのようなメリットがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。地方に移住するメリットは次のようなものがあります。

田舎暮らしも実現できる

都市部で生活をしている方の中には、田舎暮らしに憧れを持っているという方もいるのではないでしょうか。このような方は、Iターンをすれば、田舎暮らしを手に入れることが可能です。地方に移住することで、都心にはないゆったりとした時間で働きながら生活をすることが可能です。スローライフに憧れている方には田舎暮らしがオススメであると言えるでしょう。

地元にはない魅力を発見できる

地方暮らしを始めると、その地域の魅力を発見、再発見することができます。新しい魅力に発見することができると、それをヒントに新たな事業を思いつくこともあります。特に都市部で暮らしていた人は、地方に移り住むことで、都市部にはない魅力を独自の目線で発見することも可能です。

刺激がないように思われる地方ですが、移住すると刺激的なことも多いので、刺激的なことを求めている方にもオススメの方法であると言えるでしょう。

自治体の支援を受けて移住ができる

最近では、地方自治体が移住者を受け入れるために積極的な助成金制度を実施していることがあります。自治体の支援を受ければ移住するために必要な費用を負担してもらい、低コストで移住することも可能です。

移住するとお金がかかると悩んでいる方は、一度このような制度を利用して、地方移住を検討してみるのも良いでしょう。

地方に移住するデメリット

一方で、地方移住をするデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。デメリットについて考えていきましょう。

働き方を考える必要がある

地方に移住をすると、都市部とは違い仕事の種類が限定されるので、今までの働き方を大きく変えなければいけない恐れがあります。今までのような仕事を続けたいという方は、地方ではその目標を達成することが難しいケースもあるので、慎重に検討するようにしましょう。

新規事業が失敗する可能性もある

地方で新規事業を立ち上げても必ずしも成功するとは限りません。場合によっては都市部以上に早いスピードで廃業に追い込まれてしまう可能性もあります。

しかし、このようなリスクは地方に限定されたことではありません。都市部でもやり方を慎重に検討しなければ、同様の問題にぶつかってしまうことがあるので、事業が失敗する可能性があるからと諦めてしまわないように気をつけましょう。

地方の飲食店を継ぐという選択肢

地方に移住することを検討している方の中には、新規事業をおこないたいが、さまざまなリスクがあるので移住したくでも難しいと断念している方もいるのではないでしょうか。もし、このような理由で移住を断念しようとしているのであれば、諦めるのではなく別の選択肢を検討しましょう。

そこでオススメする方法が、地方飲食店の後継者として働くという方法です。一見すると難しそうに思えるかもしれませんが、メリットが多く後継者として働く価値が十分にあります。なぜ、飲食店の後継者として働くことが良いのかを紹介していきましょう。

後継者として働く場所を見つけることができる

飲食店の後継者として働く良い点は、すぐに働くお店を見つけることができるという点にあります。最近では、自治体が協力して飲食店の後継者を探しているケースもあります。

飲食店開業を目指して地方に移住しようと検討しているのであれば、お店を引き継ぐことで、簡単に地方の飲食店オーナーとして働き始めることも可能です。低資金で働き先を探している人や低リスクで飲食店を開業したいという方におすすめです。

町おこしにも貢献ができる

地方の飲食店の良い点は、お店として知名度を獲得していくと地域の活性化を担うお店へと成長することができます。その結果、町おこしに貢献することも可能です。

都市部にはない、飲食店が町おこしに貢献することができるのは地方の飲食店の特権でもあるので、地域貢献したいという方にはおすすめと言えます。

地方の飲食店が抱えるリスク

良いことも多数ありますが、地方の飲食店が抱えているリスクはどのようなものがあるのでしょうか。地方飲食店が抱えているリスクについて、考えていきましょう。

以前のお店と比較されることがある

後継者として飲食店を経営する場合、以前のお店と比較をされてしまうことがあります。後継者の意志をしっかり尊重しないと良いお店でもすぐに集客が途絶えてしまう恐れがあるので、注意が必要です。しかし、ひたむきに経営をしていれば、お店として評価されることもあるので、飲食店経営をしたいという気持ちがあれば、そこまで心配することではないでしょう。

周囲の環境に影響される

いくら引き継ぐ前に経営状態がよいと思われているお店でも、近隣の町にショッピングモールなどが誕生するとたちまち客足が遠のいてしまう可能性があります。必ず後継者として飲食店で働こうと検討しているのであれば、周囲環境をしっかり把握するようにしてください

もちろんお店の経営状態のチェックも大切ですが、それ以上に大切なことは、将来的な視野を持って評価することができるかどうかです。飲食店選びが後継者として経営するうえでとても重要な判断材料になるので、ぜひ将来的な視野をふまえて検討するようにしましょう。

努力次第でこれまでにない飲食店を開業することも可能

さまざまなリスクもありますが、地方の飲食店の最大の良い点は、経営者の努力次第で地方に新たな価値を生むことができる可能性があるということです。都市部では実現できないことも可能なので、地方移住を本気で考えている方にはおすすめだと言えるでしょう。

後継者求人を探すなら「飲食店のツナグ」へ

地方移住をして飲食店を開業したいと検討していても、後継者を探している飲食店を見つけることができなければ、さまざまなプロジェクトをスタートさせることができません。
後継者求人をお探しの方は、「飲食店のツナグ」へご相談ください。みなさまの地方移住の夢を、求人情報でサポートさせていただきます。

関連記事

  1. U-turn successor

    【地方出身者必読!】飲食店開業はUターン後継者として開業を!

  2. Restaurant Management

    飲食店経営者への道のり〜飲食店後継者として経営者になるには〜

  3. Restaurant successor

    飲食店の後継者を募集する方法

  4. Sell a restaurant

    飲食店を売却するには、方法と違いを解説

  5. Business transfer of restaurants

    飲食店の事業譲渡、ポイントと手順について

  6. Recruiting Site

    後継者になれる求人とは?求人サイトとは違う新しいカタチ