【地方出身者必読!】飲食店開業はUターン後継者として開業を!

U-turn successor

地方出身者の方で飲食店を首都圏で開業しようと検討している方もいるのではないでしょうか。もし飲食店を開業しようという気持ちがあれば、首都圏ではなく地方での開業を検討してみてはいかがでしょうか。

実は首都圏よりも地方で飲食店を開業するアプローチの方が成功する可能性があります。本記事では地方での飲食店の開業の可能性について解説します。

Uターン・Iターン・Jターン・とは

地方で飲食店を開業する方法といってもさまざまな方法があります。地方での飲食店開業を語るうえで、Uターン、Iターン、Jターンの違いを把握しておく必要があります。どのような違いがあるのか簡単に解説をしていきましょう。

Uターン
Uターンとは、地方から都心に移住した人が再び地元に戻ることをさします。首都圏で高いスキルを積めばそのノウハウを地元でも活用することができます。

Iターン
都市部から地方へ移住して働くことをIターンと呼びます。都会で育った人が田舎暮らしに憧れてIターンをすることもあります。よくあるケースが首都圏の人が沖縄に引っ越し飲食店を開業するのがこの事例に該当すると言えるでしょう。

Jターン
地方出身者の人が都心に移住した後、故郷に近い条件で生活をすることができる場所に移住して働くというケースです。Uターンと形はほぼ似ていますが、Jターンをする方の多くは地元よりも利便性の高い地域を求めて移住をするというケースが多くあります。

3つの共通点は
Uターン、Iターン、Jターンと1つ1つの形は微妙に異なりますが、田舎で働きたい、生活をしたいという考えは同じです。田舎暮らしをすることを検討しているのであれば、3つの方法での移住を検討してみましょう。

地方での開業とは

地方に移住し、地元企業で働くのであれば、今までのスキルを活用することが期待できます。中にはせっかく移住するのだから、地方で1から飲食店を開業したいと考えている方もいるでしょう。仮に地方で飲食店を開業しようとした場合、どの程度のハードルが高いのかをご存知でしょうか。

開業をするメリットとは?

開業をするメリットはさまざまです。地方は都市部に比べて低資金でお店を開業することができます。

さらに、地方の飲食店は一度固定客を掴むことができれば他の飲食店に流出する可能性が低く、首都圏よりも激しい競争をしなくても安定した経営をおこなうことが可能であると言えるでしょう。

開業をするデメリットとは?

デメリットは、開業場所の選定がとても重要になります。開業するお店の立地を間違えてしまうと、集客に苦労をする可能性があります。もちろん、良い立地のお店でも開業当時は集客をどのようにするかを検討する必要があるので、開業して経営が安定するまで赤字期間が長く続いてしまう可能性もあります。

助成金や補助金などの制度を利用できる?

地方での開業は悪いことばかりではありません。独自の助成金や補助金制度を設け地方移住を勧誘している自治体もあります。このような自治体に移住をすれば、開業資金の一部を支援してもらうことができ、結果的に首都圏で開業するよりも簡単に開業をすることが可能です。

もちろん、気をつけなければならないこともいくつかあるので、助成金制度を利用する際は、必ず次のポイントを意識して利用するようにしましょう。

●起業支援金の利用
内閣府がおこなっている移住者向けの起業支援金で最大200万円の補助金を利用することができます。この制度は公募制になっており、申請が通らないこともあります。また、該当する地域とそうでない地域があるので、利用する際は条件を満たしているか確認しましょう。

●自治体によって制度はさまざま
自治体によって助成金や補助金はさまざまです。助成金額も異なります。場合によってはお金の支援ではなく、開業予定地の紹介、地元の業者の斡旋、設備の導入費の一部負担という形で支援をすることもあります。

必ず利用する際は、どのような方法で支援をしているのか確認するようにしてください。まずは各自治体の移住相談で問い合わせるようにしましょう。

●条件や申請期間の確認
地方自治体が開催している助成金、補助金は年度によって申請方法や金額が異なります。場合によっては申請期間を過ぎていてすぐに制度を利用することができないということもあります。

利用する際は、必ず申請時期や金額を確認するようにしましょう。助成金を利用して地方で飲食店の開業をする場合は、時期を慎重に見定めた上で検討するようにしてください。

●助成金が利用できない場合の対策は
自治体によっては地方開業を支援していないケースもあります。このような場合でも別方法で支援を受けることができます。もし、ご自分が地方開業したいけれど自治体の支援がないという場合は次の方法で開業を検討しましょう。

●日本政策金融公庫の新規開業資金の利用
政策金融機関を利用することで、新規開業資金に必要な融資を受けることができます。この制度は首都圏、地方どちらの飲食店の開業でも利用することができるので、地方の助成金を受けることができない場合や銀行からの融資が難しいという方は検討してください。

●民間企業の支援を受ける
地方で飲食店を開業したいという方のために、民間企業が開業の支援をするケースもあります。この方法を利用すれば、開業に必要な手続きやお店選びなどもサポートしてもらうことができるので、地方での飲食店開業をスムーズにおこなうことが可能です。

しかし、利用する企業によって良い、悪いが激しいので実績を慎重に判断しながらお店を選ぶ必要があるということを認識しておきましょう。

●地方で開業している人は多い
地方で開業する制度は整っているものの、実際に地方で開業した方はどの程度いるのでしょうか。実際に地方で開業した人たちをご紹介していきましょう。

事例1 福岡市志賀島でカレー屋を開業

デザイナーであった店長は、志賀島で募集していた移住プロジェクトに応募し開業をしました。20名程度1日来店すれば黒字という首都圏にはないのんびりとした経営です。

この方は、開業するまでの道のりを詳しくブログで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

事例2 独自の集客で成功をおさめた『芸北ぞうさんカフェ』

都内で多岐にわたるビジネスを手がけてきたオーナーの植田氏は、北広島町で動物をコンセプトにした一風変わったカフェをオープンしました。

このカフェの売りは独自の集客方法。定期的に、SNSや地元メディアに出演し情報を発信。ただお店を紹介するのではなく、お店でイベントを開催し、集客することに力を入れてきました。

https://www.zousancafe.com/

事例3 若獅子WAKASHISHI

沖縄で人気の炉端焼きのお店“若獅子WAKASHISI”は、Uターンをして沖縄に移住したオーナーが開業しています。自身が経営者になることを視野に入れて上京。東京でフレンチと炉端焼きのお店で料理を学びます。

シェフとして経験を積んだのち沖縄に戻り、飲食店で経営を学び今のお店を開業しました。このように、飲食店を開業したいという考えを持っていた方が地元に戻りお店を開業するケースも珍しいことではありません。

https://canaeru.usen.com/interview/p76/
https://r.gnavi.co.jp/ap2sb04y0000/

地方で開業するために必要なこと

今回紹介した地方で飲食店を開業した事例はほんの一例にしかすぎません。しかし、飲食店を開業するための共通店があります。地方で開業を目指すのであれば、次のような志をもって開業を目指しましょう。

●支援や助成金制度を利用する
1から立ち上げるためには資金が必要になります。必ず開業をする際は支援や助成金制度を利用して開業の準備を進めるようにしましょう。

●戦略を練る必要がある
地方でお店を開業する場合はそのお店の武器が必要になります。必ず開業する際は、自分のお店はどのような強みがあるのか、開業するうえで集客方法はどのようにおこなうのかといったことをしっかり検討しましょう。

●明確なビジョンが求められる
最も大切なことは、地方で飲食店を開業する明確なビジョンです。特に新規で開業する場合はこのビジョンがはっきりしていないと失敗してしまう恐れがあります。新規で開業することを検討している方は、なぜこのお店をここで開業する必要があるのかを考えてお店の開業をするようにしてください。

●開業の方法も様々「後継者」になることも視野に
地方で飲食店を開業する方法は新規だけではありません。そのほかにもさまざまな方法でお店を開業することができます。新規の飲食店として開業すること自体ハードルが高いと感じてしまうのであれば、「後継者」として開業する方法も検討しましょう。

後継者として開業するメリット

後継者として開業をすると、次のようなメリットがあります。

その土地の風土を学ぶことができる
Iターン、Jターンの方であれば、知らない土地でお店を開業することになるので、その地域の勉強をする必要があります。後継者として開業を視野に入れているのであれば、既存のお店でこのような地域性の勉強をすることが可能です。

地域性の勉強はUターン予定の方にも必要です。都市で暮らしていた間に地元の人の流れが大きく変化している可能性があるので、後継者として開業するまでの間に、お店で働きながら学ぶことができます。

失敗をするリスクが低い
後継者として開業をすると、お店に来ていたお客さんを引き継ぎながら安定した状態でお店を経営することができます。調理器具などの設備もそのまま既存店のものを使用することができるので、低資金で開業することも可能です。

開業する側としては負担するものが少なく経営も安定しておこなうことができるので、後継者として開業する方法もアリと言えるでしょう。

後継者として開業するデメリット

後継者として開業する場合は、お店選びを慎重に行う必要があります。経営状態や設備の状態などすべてをチェックして本当に後継者として良いお店かを選ぶ必要があります。

首都圏のお店であれば自分でチェックすることも可能ですが、地方の場合数回しかチェックすることができず、失敗してしまうこともあります。地方の飲食店を後継者として開業するのであれば、納得いくまでお店の選定をする必要があることを覚えておきましょう。

地方の後継者の求人を探すなら『飲食店のツナグ』へ

明確なビジョンと集客方法が確立しているのであれば、地方の飲食店を開業することも可能です。新規開業に自信がないという方は、後継者として飲食店の開業を検討してみましょう。

「飲食店のツナグ」では、首都圏だけでなく地方の後継者求人も多数ご用意しています。っ地方で飲食店を開業したいと検討している方は、『飲食店のツナグ』をご利用ください。あなたの探している求人を当社が徹底サポートいたします。

関連記事

  1. Business transfer of restaurants

    飲食店の事業譲渡、ポイントと手順について

  2. I-turn successor

    【Iターン希望者必見】 地方飲食店の後継者として働く可能性

  3. Hold hands

    飲食店のM&Aとは、どのような方法があるのか

  4. Restaurant successor

    飲食店の後継者を募集する方法

  5. Opening a restaurant

    飲食店開業のおすすめのやり方とは〜開業方法を比較し解説します!〜

  6. Sell a restaurant

    飲食店を売却するには、方法と違いを解説